わかりやすい文章の書き方11のコツ。間違いやすいポイントも解説

当記事では「わかりやすい文章の書き方」について解説します。

誰もが子どもの頃から「文章」に触れてきてはいるのに、あえて文章の書き方トレーニングする機会は多くありません。学生時代の「読書感想文」や「レポート」によって、文章に苦手意識を持ってしまった方も沢山いらっしゃいます。

しかし!わかりやすい文章を書くコツさえわかれば、例えばメールや手紙を書いたり、ブログを書いたりするのが、これまでよりももっと楽しくなるはずです。

今回は「文章の書き方のコツ」と「間違いやすいポイント」をわかりやすく整理しましたので、ぜひ書き物の参考にして下さい。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

わかりやすい文章の書き方とは

今回お伝えする「わかりやすい文章の書き方」とは、読み手のことを思いやりながら文章を書くテクニックです。

文章は誰かに何かを伝えたいときや、お願いしたいときなどに書くもの。つまり読み手が簡単に理解できるように書くことが大切ですから、わかりやすい文章を書くコツを身につけて損はありません。

ちなみに「文章の中身」はまた別の話で、それはそれで考える必要があります。

今回はすでに書くことがある前提で、文章をわかりやすくまとめるテクニックを「わかりやすい文章の書き方」としてご紹介します。

文章の中身を用意する方法などは「文章力」について解説した記事も参考にして下さい。

わかりやすい文章の書き方11のコツ

基礎的な「わかりやすい文章の書き方」として、具体的なコツを11個ご紹介していきます。ぜひ書き物をするときの参考にして下さい。

1. 一文を端的に書く

良い文章は、一文が端的に書かれています。

文を端的にするには、一文で説明する事柄を一つに絞って書いていくのがセオリー。

書きたい内容が多くなるほど複雑な文になってしまいがちですが、書く前に内容をよく吟味して、シンプルに順序よく伝えられるよう心がけましょう。

この考え方やテクニックを「一文一義」と呼びます。下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

2. 豊かな表現を用いる

良い文章は、最後まで自然とスムーズに読めるものです。

そんな文章を書くには、豊かな表現を用いるのがポイント。単調な文章だと読む気がなくなってしまいますので、ぜひ色々な表現を使って読者を飽きさせないように工夫してみて下さい。

そんな文章を書くには「修辞法(レトリック)」というテクニックが役立ちます。下記の記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。

3. 文末のリズムを工夫する

文の語尾(文末)のリズムを工夫していくのも、良い文章を書くために必要なこと。

例えば「です。です。です。です」と同じ文末が続く文章は、まるで無理やり書かされた読書感想文のように単調な原稿になってしまいます。

スムーズに読んでもらうには「です。でした。でしょう。ます。」などとあえて文末のリズムを変えていき、読み味をよくする工夫をしていきましょう。

「文末表現」は奥が深いテクニックですので、下記の記事も参考に、豊かな表現方法を身につけていって下さい。

4. 結論から伝える

良い文章は、結論からわかりやすく書かれています。

そんな文章を書くために「結論・理由・具体例・結論」の順番で伝える「PREP法」を取り入れていきましょう。

読み手の時間を奪わないためにも、よく理解してもらうためにも、答えは先に伝えておくのがベターです。

下記の記事も参考に、PREP法の書き方を押さえておいて下さい。

5. 「こそあど言葉」をできるだけ減らす

文章を書くうえで「こそあど言葉」はとても便利ですが、使いすぎると読みにくい文章になってしまいます。

こそあど言葉とは「指示語」の俗称で、「これ・それ・あれ・どれ」など、モノゴトを抽象的に指し示す言葉です。

例えば「これが大切です」と書いたときに、読者から「これってどれ?」と思われてしまうと、途端に文章全体の説得力がなくなってしまいますし、誤った情報として伝わってしまう可能性すらあります。

すべてなくすのは難しいかもしれませんが、できる限り「こそあど言葉」は減らしていきましょう。

6. 敬語を正しく使う

良い文章を書くにあたり、盲点になりがちなのが「敬語」の知識です。

誤った敬語が使われた文章は不快に感じる人が多いのですが、意外に敬語を勉強し直すライターは少ないのが現実。一歩抜きん出るために、一通り敬語についてもおさらいしておきましょう。

「敬語の基礎知識は問題ない」という方は「二重敬語」や「敬語連結」に関する記事を。基礎から見直したい方は下記の記事を参考にしてみて下さい。

7. 区切り符号を適切に使う

読者がスムーズに読める文章を書くには、句読点をはじめとした「区切り符号」の使い方にも注意を払いましょう。

区切り符号とは、以下7種類の記号のことです。

  • 句読点「。」「、」
  • ダッシュ記号「—」
  • 括弧()
  • 中点(ナカテン)「・」
  • 3点リーダー「…」
  • 感嘆符「!」
  • 疑問符「?」

一般的なルールから大きく外れた区切り符号の使い方をした文章は、やはり読みにくくなってしまいます。

下記の記事を参考に、いま一度おさらいしておいて下さい。

8. シチュエーションに適した文体で書く

適した文体は状況や伝える相手によって変わりますから「書き言葉」と「話し言葉」を使い分けられるようにしておきましょう。

普段の会話で使うような言葉を「話し言葉」と呼び、これは意識せずとも多くの方が使いやすい文体です。一方で「書き言葉」といって、普段の生活よりもかしこまったシーンで使う文体があります。

書き言葉が多く含まれると固い文章になり、話し言葉が多く含まれるとゆるい文章になりますから、これらを状況に応じてバランスよく扱っていくことも、文章を書くうえで大切なことです。

9. 適度に要約を入れる

わかりやすい文章を書くうえで「要約」は必須とも言えるテクニックです。

難しいことを難しいまま伝えることや、専門知識を同じ知識レベルの人に話すのは簡単です。しかし難しいことを簡単に、専門知識を素人に伝えるのは難しいため「かいつまんで要点を伝える」といった技術が試されます。

例えば「要するに〜」「つまりは〜」と、具体例を入れていくだけでも随分わかりやすくなりますし、よく使われる要約テクニックの一つです。

相手にとってわかりやすく伝えられるような文章を書いていきましょう。

10. 表記ゆれを避ける

スムーズに読める良い文章を書くには「表記ゆれ」を避けるのも大切。

例えば「Web・WEB・web」と同じ言葉なのに違った表記が混在している文章は、読者の脳に自然と負担をかけてしまいます。

頻出する単語には表記ルールを定めて、表記を統一した読みやすい文章を書いていきましょう。

11. 適度に漢字をひらく

漢字があまりに多く使われている文章は、読むのに疲れてしまいます。適度に漢字を開き、ひらがなやカタカナも用いながら文章を書いていきましょう。

一般的には「漢字3割・ひらがな(カタカナ)7割」くらいのバランスで書かれた文章が読みやすいとされていますので、それくらいの配分で執筆するよう心がけることをおすすめします。

特に画数が多くて複雑な漢字(煩わしい・漸く・然し・有難う・など)は、積極的に開いていきましょう。

表記ルールとも合わせて、漢字の開きにも注意してみて下さい。

文章を書くときに間違いやすいポイント

どれだけ読みやすい文章を書けても、明らかに間違っているポイントがあったら台無しです。

間違いやすいポイントも、文章の書き方と同様に知っておいてください。

係り受けを間違えてしまう

文章を書くうえでもっとも間違いやすいのが、係り受けです。

「係り受け」とは、言葉同士の関係性のこと。「主語と述語が対応していない」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、これが「係り受け」の間違いです。

係り受けが間違っていると、意味が正しく伝わらないこともあれば、そもそも何を言っているのか理解してもらえなくなる場合もあります。

文章を書いたあとは、最低限係り受けが間違っていないか見直してみることをおすすめします。

並立の「たり」を単体でつかってしまう

「〜したり、〜したり」と並立のモノゴトを表現するときには「たり」を使います。

下記のように間違ってしまいやすいため、注意してください。

「たり」の間違いやすい例
  • 今日は勉強したり、読書をして過ごした。

正しくは「今日は勉強したり、読書をしたりして過ごした」と「たり」を重ねて使わないといけません。

「たり」の扱いについては、下記の記事も参考におさらいしてみてください。

重言を使ってしまう

なんとなく文章を書いていると間違いやすい日本語に「重言」があります。

重言とは、同じ意味を持った言葉を重ねて使っている日本語表現のこと。

例えば「頭痛が痛い」などの熟語の誤用が有名でわかりやすいのですが、あまり意味が浸透していない言葉の重言がやっかいです。

例えば「内定が決まる」は誤用で、本当は「内定する」「内定を勝ち取る」と表現するのが正になります。このような言葉は、気づいたときに一つずつ注意していくしかありません。

下記の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

論理構造が間違っている

どれだけ読みやすい文章でも、論理が破綻していれば説得力がなくなります。もちろん感情を伝える部分も必要ですが、文章全体の流れとしては論理構造を大切にしましょう。

たとえば一部で解説しているモノゴトの前提が間違っていたり、あるいは論理が飛躍してしまったりすると、その文章全体にチープな印象を持たれてしまいます。感情が生きるのは、論理の土台ができているからこそ。

論理的にモノゴトを説明するテクニックとして「三段論法」がありますから、基本として押さえておいてください。

まとめ

読者を動かす良い文章を書くには、まずはわかりやすく、読みやすく書くことが大切です。

今回ご紹介したテクニックを参考に、読者がスムーズに最後まで読めてしまうような文章を書いていきましょう。

あわせて文法の基礎知識も押さえておくと有用ですので、下記の記事なども参考にしてみて下さい。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

 

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。LINE公式アカウントへのご登録も、ぜひぜひお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割