話し言葉(口語)と書き言葉(文語)の違いと直し方【一覧表あり】

日本語で文章を執筆する際には「話し言葉(口語)」「書き言葉(文語)」の違いを知っておく必要があります。

一般的にフォーマルな文章を書くときには「書き言葉」を。それ以外の文章で親しみやすさや読みやすさを重視するなら「話し言葉」を使います。

しかし例えば「ビジネスメール」などでは、ときに話し言葉と書き言葉が混在せざるを得ないケースもあります。

取引先へのメールで書き言葉の「だが・しかし」などを使うと失礼に当たりますが、一方で「でも」「だけど」などの話し言葉は稚拙な印象を与えかねません。

状況ごとに自分で取捨選択できるよう、話し言葉と書き言葉についての理解を深めておいてください。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」の違い

話し言葉(口語)書き言葉(文語)の違いを考えたときは、読者に与えるイメージが焦点になります。

まず話し言葉は、普段の会話で使う言葉で「口語(こうご)」とも呼ばれます。親しみがあり、耳馴染みも良いため「読みやすさ」を重視した文章で使われます。ただし読者には少なからず稚拙な印象を与えるため、使いどころには注意しましょう。

一方で書き言葉は、ビジネスシーンや面接などのフォーマルな場で使われる言葉で「文語(ぶんご)」とも呼ばれます。わかりやすさよりも「信頼感」を重視した文章で使われることもあり、少なからず「読みにくい」と感じる読者も出てきます。

話し言葉と書き言葉の使い分け方

話し言葉と書き言葉のどちらを使うべきか悩んだときは、まず読み手にどんな印象を与えたいのか、そしてどんな場に出す文章なのかを考えます。

基本的には「特定の相手に伝えるなら話し言葉。さまざまな相手に伝えるなら書き言葉」を選ぶと、多くの場合しっくりくる使い分け方になるように思います。

話し言葉の適したシチュエーション
  • 日記
  • 友達や知り合いとの連絡
  • 個人ブログ
  • スタッフブログ

など

書き言葉の適したシチュエーション
  • ビジネス文書
  • ライターの執筆原稿
  • プレスリリース
  • SEO記事

など

もっとも取り扱いが難しいのは「ビジネスメール」です。取引先を相手に「〜だ」「しかし」などと書くと偉そうで失礼に当たりますが、とはいえ「やっぱり」「けど」「全然」などの話し言葉は稚拙な印象を与えるため、使うべきではありません。

同じ「話し言葉」でも、使って良い言葉と適さない言葉が媒体ごとに変わってくるのです。

文章はかならず読む相手がいるものです。「仕事で書く文章は書き言葉、プライベートなら話し言葉。しかし相手に失礼のない表現を優先する」という使い分け方をすると良いでしょう。

「話し言葉(口語)」と「書き言葉(文語)」一覧表

「話し言葉」と「書き言葉」の対比がわかる一覧表を用意しました。

特に原稿執筆の際、ライターとして手癖で使ってしまいやすい言葉を太字にしました。迷ったときは、以下表を参考にしてください。

言葉の種類話し言葉(口語)書き言葉(文語)
接続詞なので/ので/だから/ですからそのため/ため
接続詞でも/だけど/ですがしかし/だが
接続詞けど/けれど
接続詞たら/ればであれば
代名詞こっち/そっち/あっち/どっちこちら/そちら/あちら/どちら
形容動詞こんな/そんな/あんな/どんなこのような/そのような/あのような/どのような
形容動詞こんなに/そんなに/あんなに/どんなにこれほど/それほど/あれほど/どれほど
副詞なんで/どうしてなぜ
副詞やっぱりやはり
副詞全然全く
副詞全部すべて
副詞一番もっとも
副詞たぶんおそらく
副詞絶対にかならず
副詞いつも常に
副詞とても/とっても/すごく/ものすごく非常に
副詞ちょっと少し/わずか
副詞だいたいおよそ/約
副詞たくさんの/いっぱい多くの/豊富な
副詞もっとさらに
副詞だんだんとしだいに/徐々に
副詞やっとようやく
副詞ちゃんときちんと

実際の執筆の現場では、もっとも修正対象になることが多いのは「副詞」の話し言葉かもしれません。

一方で接続詞まわりでは、例えば「です・ます調」の文章で使っている「ですが」「ですから」を、無理に「だが」「そのため」に直す必要があるのかというと、意見が分かれるところです。

分類は知っておきながらも、実際に使う言葉はトンマナや読者に与えたい印象によって選べると良いでしょう。

話し言葉の種類と、書き言葉へ直す方法

多くの話し言葉を一覧表にまとめましたが、注意すべきはそれら決まりきった言葉だけではありません。

要するに「読む相手にとって信頼感のある言葉を使いましょう」というのが、話し言葉や書き言葉の概念が存在する主旨です。

その観点で取捨選択しながら、以下のような言葉も書き言葉に修正してみてください。

余分な言葉

表現に迷って余分な言葉をつけてしまい、話し言葉感を強くしているケースがあります。

「なのです」「になります」などが定番で、それぞれ「です」で問題ありません。

話し言葉書き言葉
AになりますAだ/です
AだったりしますAだ/です
AとかですAだ/です

削れる文字は削った方が、よりフォーマルな印象を与えられます。

ら抜き言葉

ら抜き言葉も、話し言葉の定番です。

特に「寝れる」「着れる」などは、そうと気づかず原稿で使ってしまいやすい言葉です。

話し言葉の例と直し方
  • サラッと着れる→サラッと着られる
  • ぐっすりと寝れる→ぐっすりと寝られる

ら抜き言葉は全般的に修正対象になることが多い言葉ですから、意識して執筆していきましょう。

い抜き言葉

い抜き言葉は、ビジネスメールなどで使ってしまいやすい話し言葉です。

「〜しています」を「〜してます」と表現すると、少なくとも上司や取引先には失礼に当たりますから、確実に直せるようにしておきましょう。

話し言葉の例と直し方
  • いまは報告書を書いてます→いまは報告書を書いています
  • まだ着手してません→まだ着手していません

意識していれば気付ける範囲だと思いますから、確実に直せるようにしておきましょう。

さ入れ言葉

丁寧に伝えようとして逆効果になるのが「さ入れ言葉」です。

謙譲語からさらにへりくだろうとすると、かえって稚拙な表現になってしまいます。

話し言葉の例と直し方
  • お目にかからさせて頂きます→お目にかかります
  • 伺わさせて頂きます→伺います

これは二重敬語に類する誤った表現です。併せて下記の記事もご参考ください。

曖昧表現

自信がないときに使ってしまう曖昧表現も、意図せず話し言葉になってしまう例です。

話し言葉書き言葉
Aだと思いますAだ/です
AなのかもしれませんAかもしれません
AみたいなものですAだ/です
Aのような感じでAのように

言葉はできるだけ言い切ることで、書き言葉に近いフォーマルな表現になります。

跳ね言葉

跳ねるようなニュアンスを含む言葉も、特に執筆に慣れていなければ使ってしまいやすい傾向にあります。

「〜なんです」など、親しみを持たせるために用いられやすい表現ですが、少なくともプライベートの連絡以外では「書き言葉」に直すことをおすすめします。

話し言葉書き言葉
なんですです
だったんですでした

親しみやすさよりも、どちらかというと稚拙な印象を与えやすい表現です。

まとめ

話し言葉と書き言葉は、意外と取捨選択が難しい概念です。

では常に書き言葉だけを使えば良いのかというと、それでは上手く情緒が伝わらない場面もあります。相手によって、あるいは媒体によって、細かく選ばねばなりません。

それも「文章力」の一つだと思いますから、ぜひその時に応じて適した言葉を使えるよう、使える表現を増やしていってください。

発売中

「編集者に好かれるライターを目指す」

そんなコンセプトの書籍を出版しました。

初心者ライターによくある「編集コストが高い文章」を、編集者目線で28例まとめています。

Webならではの執筆ルールや、執筆界隈の慣習ルールなど、ライターが知っておきたい基礎知識を詰め込みました。

気軽に手にとっていただき、評価やレビューをいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象です。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

 

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。LINE公式アカウントへのご登録も、ぜひぜひお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

時間割
閉じる