独立語とは|日本語文法における独立語の使い方や一覧表

当記事では日本語文法における「独立語」について解説します。

独立語の意味や使い方、具体例をわかりやすくご紹介しますので、ぜひおさらいしていって下さい。

目次

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。個人ブログ「北海道ログ」で生活費を稼ぎながら、IT関連の事業会社にてWEBメディアの運営責任者として勤務。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、当サイト「文亭」を運営している。

独立語とは

独立語とは、文の中で完全に独立している言葉のこと。文の成分のうちの一つです。

「ああ」「こんにちは」「やった!」

などが独立語の一例で、文章を彩るアクセントになる言葉です。

また独立語は、品詞で言えば「感動詞」にあたる言葉です。文の成分の話をするときは「独立語」として、単語の種類の話をするなら「感動詞」として取り扱いましょう。

独立語の種類と用法

独立語は、大きく5つの種類に分けられます。

それぞれ文例や単語例を用いながら解説しますので、一通りおさらいしていって下さい。

1. 感情表現の独立語

驚きや喜び、悲しみ、疑問などの感動をあらわす際に、独立語が用いられます。

「まあ、なんて綺麗な子なんでしょう」
「やった、成功した!」

上記のように、独立語のあとに通常の文が続くような構成になります。

感情表現の独立語例

まあ、やった、わあ、やれやれ、えっ、おお、等

2. 呼びかけの独立語

誰かに呼びかけるときにも、独立語が用いられます。

「ねえ、一緒に行かない?」
「もしもし、ちょっと宜しいですか?」

上記のように、独立語のあとに問いかける文が続く構成になります。

呼びかけの独立語例

ねえ、もしもし、さあ、どれ、やあ、等

3. クッション言葉の独立語

話し始めるときのクッションのような役割を果たす独立語もあります。

「そうそう、あの漫画読んだ?」
「そういえば、そんなことも言ってたね」

上記のように、独立語のあとに会話文が続くような構成になります。

クッション言葉の独立語例

そうそう、そういえば、なるほど、あー、等

4. 応答の独立語

問いかけや呼びかけに対して返事を返すときにも、独立語が用いられます。

「うん、私はそれで良いよ」
「いえ、それは承認できません」

上記のように、独立語に続けて問いに対する返答を書くような文章構成になります。

応答の独立語例

うん、ええ、はい、いえ、等

5. あいさつの独立語

あいさつも、独立語の一つです。

「こんにちは、良い天気ですね」
「どうも、また来週」

もちろん、あいさつの独立語が単体で使われることもあります。

あいさつの独立語例

こんにちは、こんばんは、どうも、さようなら、等

まとめ

独立語は、文章を彩る素敵な言葉です。

上手く組み合わせて、読みやすく、わかりやすい文章を書いていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。個人ブログ「北海道ログ」で生活費を稼ぎながら、IT関連の事業会社にてWEBメディアの運営責任者として勤務。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、当サイト「文亭」を運営している。

目次
閉じる