日本語の補助動詞とは?本動詞との違いと見分け方

今回は日本語文法における「補助動詞」について解説します。

あえて勉強しなければ馴染みのない言葉だと思いますが、文章を書くうえで「補助動詞」の概念を知っておくことは大切です。

「漢字とひらがな、どちらで書けば良いんだろう?」と悩んだときの手助けにもなりますから、知識として押さえておいてください。

また日本語文法の全体像は下記の記事で解説していますから、全体的におさらいしたい方は、併せて参考にしてください。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

補助動詞とは?本動詞との違いを解説

補助動詞とは、別の「動詞」をサポートする役割でつかわれる「動詞」のこと。

動詞は「補助動詞」「本動詞」に分かれており、下記の違いがあります。

  • 本動詞:その言葉単体で使われている動詞のこと
  • 補助動詞:本動詞をサポートするために使われた動詞のこと

例えば「見る(みる)」という言葉は、その場面によって「空を”見る”」「走って”みる”」と、別の意味で使われます。

「空を見る」の「見る」は、単体で成り立っているので「本動詞」です。一方で「走ってみる」の「みる」は、本動詞の「走る」をサポートする用途で使われているので「補助動詞」です。

同じ「動詞」の言葉でも、使う文脈によって「本動詞」「補助動詞」の違いが出てくることを覚えておきましょう。

「そもそも動詞ってなに?」と困る場合は、下記の記事も参考にして下さい。

補助動詞と本動詞の見分け方

ではその言葉が補助動詞なのか本動詞なのか見分けるには、どうすれば良いのでしょうか。

見分け方を2パターンご紹介しておきます。

その言葉を削除しても、文の意味が通るか

もっとも正攻法の見分け方は、その言葉を削除して意味が通るか考えてみることです。

「貰った」という動詞について、例文を用意して考えてみました。

「貰った」の例文
プレゼントを貰った

「貰った」を削除すると「プレゼントを」だけが残り、意味が通らない。よって「貰った」は本動詞だと判断できる。

プレゼントを贈ってもらった

「もらった」を削除しても「プレゼントを贈って」と、だいたい何が言いたいのかわかる。よって「もらった」は補助動詞だと判断できる。

その言葉を削除したときに、意味がまったく通らなくなれば本動詞。なんとなく意味がわかれば補助動詞です。

漢字表記か、ひらがな表記か

補助動詞は「ひらがな」で、本動詞は「漢字」で表記するのが一般的です。

文章を見たときに、本来漢字でも表記できる動詞が「ひらがな」で書かれていれば、それは「補助動詞」だと判断する手助けになります。

ただし、執筆者によってはその限りではなく、あくまで慣習的なルールで成り立っているものです。一つの目安として押さえておきましょう。

この「あえて漢字をひらがなにする」という行為を「漢字をひらく」といいます。下記の記事で解説していますから、あわせて参考にしてみて下さい。

補助動詞と本動詞の両方でつかわれる動詞一覧

最後に、補助動詞と本動詞どちらでも使われる代表的な動詞を、一覧でご紹介しておきます。

動詞補助動詞と本動詞の使い分け
頂く(いただく)よくしていただく(補助動詞)
プレゼントを頂く(本動詞)
行く(いく)うまくいく(補助動詞)
会社へ行く(本動詞)
置く(おく)よく聞いておく(補助動詞)
荷物を置く(本動詞)
下さい(ください)歩いてください(補助動詞)
サインを下さい(本動詞)
見る(みる)空を眺めてみる(補助動詞)
空を見る(本動詞)
来た(きた)行ってきた(補助動詞)
家に来た(本動詞)
出す(だす)動きだす(補助動詞)
荷物を外に出す(本動詞)
居る(いる)見ている(補助動詞)
家に居る(本動詞)
上げる(あげる)プレゼントをあげる(補助動詞)
荷物を棚に上げる(本動詞)

まとめ

補助動詞について理解しておくと、普段の言葉えらびが少しスムーズになります。

補助動詞は、ほかの動詞をサポートする用途で使われる言葉で、主に「ひらがな」で書かれます。本動詞はそれ単体で成り立つ言葉で、多くの場合「漢字」で書かれます。

「これは漢字で書くべき?それともひらがなで?」と悩むことも減りますから、丸暗記するというよりも、概念的に理解しておきましょう。

2ヶ月無料でオーディオブックが聴き放題。

リズムや語感の良い文章に触れることは、読みやすい文章を書くトレーニングに繋がります。

文章のリズム感を鍛えるために、耳で読書をしてみてはいかがでしょうか。

手や目が空いていないときでも、書籍の朗読音声を聞けるサービスが、Amazonの「Audible(オーディブル)」。

月額会員になれば、12万冊以上のオーディオブックが聴き放題になります。

12/26までに始めると「2ヶ月間無料」になるキャンペーン中ですので、この機会にぜひお試しください。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。もちろん無料です。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割