感嘆符とは?意味や用法を具体例をもとに解説

当記事では、日本語における「感嘆符」について解説します。

日本語の原稿執筆における感嘆符の意味や用法、使う際の注意点などをわかりやすくご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

感嘆符とは

感嘆符とは、驚きや感動をあらわすために文末につける「くぎり符号」のこと。「!」の記号が使われます。

文化庁が昭和21年に発表した『くぎり符号の使ひ方』では「普通の文には原則として用いず、感動の気持ちをあらわした場合に用いる」と用法が指定されており、現代でも慣例的にそのルールを踏襲して使われています。

よってあまり多用するものではなく、あくまで文のアクセントとして用いる符号だと覚えて下さい。

感嘆符の用法

感嘆符は感動や驚き、強調などを表現するために、下記4つの場所で使われます。

  • 通常文の文末
  • 会話文の文末
  • 独立語(感動詞)の後ろ
  • 単体で

具体例を出しながら、これらの用法をご紹介していきます。

通常文の文末に用いる

感嘆符を通常文の文末に用いることで、感動や強調などのニュアンスをあらわせます。

  • なんということでしょうか!
  • もう安心です!

感嘆符を通常文に使うことで、読者に問いかけたり、語りかけたりするようなニュアンスの含まれる表現になります。

会話文の文末に用いる

感嘆符を会話文の文末に用いることで、強調や感動の表現をあらわせます。

  • 「もうやめましょう! 十分です!」
  • 「これは……そういうことか!」

慣例的に括弧内の文末にくぎり符号の句点「。」は用いられませんが、感嘆符はあくまで一つの表現として用いられます。

独立語(感動詞)の後ろに用いる

感嘆符を独立語(感動詞)につけることで、インパクトのある文に仕上がります。

  • おお! 神よ。
  • まあ! なんということでしょう。

あまり多用する表現ではありませんが、こういった用法でも使われます。独立語については、下記の記事も参考にして下さい。

単体で用いる

感嘆符を単体で用いると、何かに気づいたことをあらわす表現になります。

「!」

一般的な文章ではあまり使われず、主に漫画や小説で用いられる表現です。

感嘆符を使用する際のマナー・注意点

後ろに文が続く場合、1マス空白を入れる

感嘆符の後ろに文が続く場合、空白を入れると読みやすくなります。

そこで! Webライターという仕事に注目が集まったのです。

慣例的なものですが、出版業界では割と一般的な表記ルールです。読みやすくなりますので、特に指定がなければ全角で1マス空けると良いでしょう。

ただし表記ルールが定められている場合は、それに従って下さい。

トンマナを守って使う

そもそも感嘆符を用いるか否かは、そのメディアや誌面ごとにルールが定められていることがほとんどです。

「基本的に感嘆符は使わない」と決めているメディアも多くありますので、表記ルールを確認し、各サイトのトンマナを守ることを優先にして下さい。

まとめ

感嘆符を適切に用いることで、豊かな表現の文章に一歩近づきます。

トンマナや表記ルールを守りながら、より良い文章を書くために工夫して使ってみて下さい。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

 

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。LINE公式アカウントへのご登録も、ぜひぜひお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割