Webライターが文字単価や記事単価を上げる方法

当記事では、Webライターが受注する案件の「文字単価」や「記事単価」を上げる方法について解説します。

まずは単価の成り立ちから理解していただき、クライアントから求められる価値あるWebライターを目指していきましょう。

目次

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

Webライターの単価とは

Webライターの単価とは

Webライターとして仕事を受注する際には「単価」の考え方がつきまといます。

正社員として働くなら、時間を拘束される対価として「月額」や「年額」で報酬を受け取りますよね。

しかしフリーランスのWebライターはそうではなく、あくまで「一つひとつの仕事に対する対価」ということで報酬が発生します。

その一つの仕事に対する報酬を示すのが、単価。その単位は大きく3つに分けられます。

1文字単価

まずWebライターの単価の単位として最も一般的なのが「1文字あたり◯円」とする「文字単価」の考え方です。

例えば1文字1円なら、3,000文字の原稿なら3,000円。1文字3円なら、5,000文字書いて15,000円になります。

多くの案件において、文字単価の考え方をベースに報酬が考えられています。

記事単価

記事単価は「1記事◯円」とする考え方です。

例えば転職エージェントの利用体験談に関する記事を、1記事5,000円でどうですか、といった仕事ですね。

ただしこれもあくまで文字単価がベースになっていることが多く、本質的には「想定している記事構成だと2,500文字くらいになる予定だから、文字単価2円として5,000円でどうですか」という意味合いです。

とはいえ文字数は目安で、多くは「文字数はあまり気にせず、あくまで構成に沿って書いてください」と指示される案件になります。

時給単価

かなり珍しいのですが、時給単価の案件もなくはありません。

いわゆる「アルバイト」的な感覚で、例えば「1時間1,200円でライティングの仕事を手伝ってください」といった契約ですね。

例えば業務委託の形でオフィスに常駐する場合。あるいはクラウドソーシングの時間計測システムを利用してリモートで仕事を受ける場合が考えられます。

Webライターの単価を決める3つの要素

Webライターの仕事の単価は「その仕事の難易度やユニークさ」によって決まります。

(ちなみに良い文章を書けるのはライターとして当然ですから、それは前提条件になります。)

ライターの単価に関わる要素を紐解いていくと、基本的に下記3つの条件が関係しています。

  • レアリティ|その仕事をこなせる人が少ないほど高い
  • 工数|作業工程が多く、手間がかかる仕事ほど高い
  • バリュー|ユニークな付加価値があるほど高い

これらが変動することで、仕事の単価が変わります。この考え方を知っておいてください。

レアリティ|その仕事をこなせる人が少ないほど単価が高い

仕事や商品の値付けにおいては、必ず価格競争がおきます。

よって「私ならもっと安く受注できます!」と手を挙げる人が多いほど、単価は安くなるのです。反対に受注できる人が少ないほど、その仕事の単価は高くなります。

例えば「◯◯地域のレストランをネットで調べて、口コミをまとめる仕事」なら、Webライターであれば誰でもできますよね。こういった仕事の単価は安くなります。

一方で「法律家としての経験をもとに、パワハラ問題についてまとめる仕事」なら、弁護士にしか受けられないので単価が高くなります。

まずは、その仕事を受注できる層が多いか少ないか、その「レアリティ」によって単価が変わると考えましょう。

工数|作業工程が多く、手間がかかる仕事ほど高い

次に作業工数の考え方があります。

例えば「あなたの読んだことがある漫画の感想を書いてください」なら、ただ自分の感想を書くだけなので、作業工程は「ライティング」だけです。

一方で「指定した漫画を読んでから感想を書いてください」なら、まずは「指定された漫画を読む」という工程が入り、その後に「ライティング」が入るので工数が多くなります。

あるいは「指定した時間に◯社へ取材に行って、写真撮影もして、指定した構成でインタビュー記事を書き起こしてください」なら、かなり工程が複雑になりますよね。

このように、その案件にかかる工数によっても単価が上下します。

バリュー|ユニークな付加価値があるほど単価が高い

最後に、その仕事、あるいは受注するライターに付随する「付加価値」も単価計算に影響します。

最もわかりやすいのは「芸能人のタイアップ」です。一般人が書く記事と、有名かつ人気の芸能人が書く記事では価値が変わりますよね。

あるいは「専門的な資格を持っていて、監修者表示ができる」「多くのフォロワーに拡散できる」「誰もしたことがないよな経験をもとに執筆できる」など、単価にはさまざまな要素が関わり合ってきます。

またクライアントによっては「私なら値引きして受注します」といったプレゼンもバリューになるかもしれません。(あまりお勧めしませんが)

まずはレアリティと工数によってベースの報酬体系が決まり、最終的にバリューも加味して単価が決まるといったイメージです。

Webライターの単価相場の具体例

Webライターの単価相場は、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」が出している相場表をもとに解説します。わかりやすくまとまっていました。

出典:ランサーズ

基本的には上記表が参考になりますが、もう少し具体的な依頼例をもとに解説していきます。

例1. 「おすすめ10選」などのまとめ記事(文字単価相場1円〜)

例えば「札幌でおすすめのファミリーレストラン10選」などの記事がよく発注されています。

こういった記事の多くは、ランサーズの相場表に当てはめれば「ネットで調査すれば書ける」「多くの人が経験したことがある」といった仕事で、「0.9円〜」が参考相場になっています。

とはいえ多少の工数がかかる仕事ということで、大体は1文字1円程度。1店舗あたりの紹介文を300文字ほど書くとすれば、1記事3,000円程度が相場になります。

例2. 転職の体験談レビュー記事(文字単価相場0.5円〜4円)

「転職に関する体験談をまとめた記事」も頻繁に発注されるテーマですが、これは指定される条件によって大きく相場が変わってきます。

例えば「医師から医師への転職の体験談」は、かなりレアリティが高くなります。相場表で言えば「専門性や業務経験が必要」「調べずに書ける」で「1.2円〜」となっていますが、実際はほとんど応募できる人がいません。
また「医師」という仕事のバリューも考えると、文字単価4円〜が妥当なところになりそうです。3,000文字なら12,000円〜ですね。(ただリアルに考えると、20,000円くらい払わないと書いてくれる方は見つからないと思います)

一方で「なんでもいいから転職した体験談を」ということであれば「多くの人が経験したことがあるテーマ」かつ「調べずに書ける」案件です。
また応募者がものすごく多くて価格競争になることから、実質1文字0.5円〜1円程度になりそうです。3,000文字なら1,500円〜3,000円ですね。

このように同じ枠組みの案件でも、細かい条件によって大きく値段が変わります。

例3. インタビュー記事(記事単価相場10,000円〜30,000円)

指定された方に対してインタビューをして、それを記事に起こす仕事もあります。

「打ち合わせ〜インタビュー原稿確認(作成)〜インタビュー・撮影〜ライティング」と工数が多く、移動の費用もかかり、また時間の縛りもあるなど「重い仕事」になるため、一般的に単価が高くなります。

この場合は文字数がどうというよりも、その工程のパッケージで1記事10,000円〜30,000円程度が相場になります。(なお専門業者は30,000円〜程度で受注しています)

自分に知識がなくてもできますし、副業ライターが手を出しにくい分野ですから、インタビュー記事の仕事の工程に慣れさえすれば美味しい仕事かもしれません。

Webライターが文字単価や記事単価を上げる方法

では自分の単価を上げていくにはどうすれば良いのか。

それもやはり「レアリティ」「工数」「バリュー」の3つのいずれか、あるいは全てをアップさせていくという考え方が必要です。
(工数はアップさせるというよりも「より工程の多い仕事を受ける」という意味合いになります)

具体的な方法をご紹介しておきます

より狭い条件の仕事を狙う

一般的には「転職記事の執筆依頼」よりも「薬剤師の転職記事の執筆依頼」の方が単価が高くなります。

これは条件(レアリティ)が狭い上に、専門性(バリュー)も高いからですね。

あるいは「上司からパワハラを受けて転職した体験談」なら、専門性は必要ありませんが、少しライバルが少なくなるので単価が高くなる可能性があります。

自分の持っている武器の中でできる、より条件の狭い案件を見つけるよう意識すると、単価アップに繋がるでしょう。

専門資格を取る

専門性を出してライターとしての価値をあげたいなら、資格を取るのもおすすめです。

どのWebメディアも「監修者」として専門的な資格や経歴のある方を明示したいと思っています。

例えばそれが転職関連の記事なら「実はキャリアコンサルタントの国家資格を持っています。監修者として顔も経歴も使っていただいて良いので、単価◯◯円になりませんか?」と交渉するのは、かなり有効な手段です。

ペット記事なら「ねこ検定」などでもありかもしれません。「子供の頃から30年以上、いつも愛猫と暮らしてきた」などは十分監修者としての経歴になります。

国家資格ならより良いのですが、例えば民間資格でも、ないよりはあった方が良いのが「Web監修」の世界です。

手持ちの資格があればそれを打ち出すのはもちろん、これから資格を取ることを検討するのも良いかもしれません。

図表やイラスト作成を提案する

図表があればより良いコンテンツになったり、イラストをさせばよりわかりやすくなると思ったときに、それを提案してみるのも良い手段です。

これは純粋に原稿の単価が上がるというよりも、原稿作成料に「図表作成料」が上乗せされるイメージですね。手間や能力に見合った報酬がもらえると思うなら、チャレンジしてみるのは良いかもしれません。

一般的には、画像ソフトで簡単に切り貼り文字入れする程度なら1,000円〜。デザインや少々難しい加工までするなら3,000円〜。イラストを描くなら5,000円〜程度が相場になります。

WordPress入稿を提案する

長く付き合っているクライアントがいて、いつもドキュメントファイルで入稿していたなら「WordPressに直接入稿するので、単価+500円になりませんか?」と交渉してみるのも良いかもしれません。

この「500円」の料金設定はあくまでイメージですので、例えば今の記事単価の10%くらいで考えてみると良いかもしれません。(1記事5,000円なら500円。10,000円なら1,000円程度。)

原稿からWordPressに移す作業は、記事が多くなればなるほど編集側から見て手間になります。しかしIDを発行するのも手間ですし、セキュリティの問題上あまりログインユーザーを増やしたくないと思っているメディアも少なくありません。

そこに長く真面目に入稿してくれているライターからの提案があれば「500円くらいでやってくれるなら頼もうかな」とすんなり通る可能性があるのです。

WordPressを触るのに慣れているなら、手軽に単価交渉が通る可能性のある良い手段です。

そのメディアに足りていないバリューを追加提案する

「資格」とも通じる話ですが、そのクライアントが今求めていそうなことを考えて提案するのは良い手段です。

例えば転職関連のメディアで、さまざまな業種の「仕事ノウハウ」のような記事を入れていたとしましょう。

一般的な営業職の情報は沢山あるのに、経理職の情報があまりないなら「記事を入れていきたいとは思っているけれど、経理経験者のライターが見つかっていない」という状況かもしれません。

そんなときに、例えば別の仕事を受けている中で「営業に関する記事が沢山あるのを見ましたが、同じように経理の記事を入れるのはどうですか?私ならこんな記事が書けます」と提案するのは、クライアントからすれば有難い可能性があります。

どちらにせよ「きちんとメディアを読んで考えてくれているんだな」とわかりますから、マイナスになることはありません。

ただ注意したいのは、伝えるべきことは「もっとこうした方がいい」ではないということです。
メディアの運営に口出しするのではなく、あくまで「自分をもっと上手く活かす方法がある」と提案しましょう

これでは単価は上がらない。Webライターがやってはいけない交渉方法

最後に、失敗する確率が高い「ダメな単価交渉」の例をご紹介していきます。

「単価が上がらない」と悩む多くの初心者ライターが言ってしまいそうなことですから、注意しておいてください。

「長く働いたから」の理由で単価交渉をするのは不毛である

知っておいて欲しいのが「同じ仕事をしている中で無策に交渉しても、単価は上がらない」ということです。

例えば1記事3,000円で受注している仕事があったとして、「長くやって仕事も小慣れてきたし、そろそろ4,000円に上げてもらえませんか?」と交渉したところで、単価が上がるわけがありません。クライアントからすれば「あ、じゃあ他の方を探します」となります。

バイトや社員ではなく、「あくまで3,000円の業務を委託されている」のですから、レアリティや工数に変化がないのであれば、何か「バリュー」を追加して交渉する必要があります。

「文章のクオリティ」を交渉材料にするのは、ズレている

「良い文章を書く」というのは、全てのライターの命題であり、ライターと名乗る上で前提となる条件です。

よって「最初よりも文章もよく書けるようになってきたから」という交渉をするのは、ライターとしてずれています。
そうなると最初のうちはクオリティの低い原稿を出していたということになりますから、クライアントからすれば「むしろそのクオリティが低かった分を返金して欲しい」とすら思ってしまいかねません。

良い文章を書けるのは、ライターとして当然のことです。交渉するなら、レアリティやバリューを考えて提案していきましょう。

「他にも沢山の依頼をいただいている」は、断るときに使うとよい

またライターの中には「自分がレアな人材なんだ」とアピールするために「実は他のクライアントからも多く仕事の依頼をいただいていて〜」という切り口で単価を交渉する方がいらっしゃいます。

これは依頼を断るときには有効なのですが、本当に単価をアップさせたいなら愚策の一つです。クライアントにとってメリットが一つもないからですね。

要するに「これまでと仕事は同じだが単価は上げて欲しい」ということになりますが、クライアントからすれば「では他の方に頼みます」という話にしかなりません。

あくまでクライアントにとってメリットのある「バリュー」をもとに交渉することを考えてみてください。

まとめ

Webライターの文字単価・記事単価は「レアリティ」「工数」「バリュー」によって決まります。

同じ仕事をしているだけでは、どれだけ長く働いても単価は上がりません。もしその方法で収入を上げたいなら、一般的な会社員や公務員を目指すべきです。

フリーランスのWebライターとして稼ぐなら、あくまで自分の仕事や自分自身に価値をつけていきましょう。

ちなみに「良い文章を書く力」はライターとして働く前提条件ですから、自信のない方は下記の記事なども参考に、おさらいしておいてくださいね。

文亭では「文章をもっと楽しもう」をコンセプトに、LINEで不定期に文章に関するウンチクニュースレターをお送りしております。

Webサイトで解説しているような記事テーマよりも、ちょっとゆるめな内容でお届けしておりますので、ぜひLINE公式アカウントへのご登録もお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

目次
閉じる