Webライターは本業にできる?生活できない?

今回はWebライターを本業にして生活が成り立つのか否か、その実態について解説していきます。

根本的には「スキルや環境による」という話になってしまいますが、できるだけ具体的にイメージしていただけるようお伝えしていきます。

目次

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

Webライターは本業にできる?生活できない?

Webライターを本業にしようと思ったときには、まずは2種類の働き方から選ぶ必要があります。

  • 企業に所属する
  • フリーランスになる

企業に所属するなら、それはもう会社の待遇次第ですし、満足いく条件であれば十分本業にできるでしょう。

気になるのは「フリーランスとして、Webライター一本でやっていけるのか」という話ですが、事実としてWebライターを本業にして生活しているフリーランスは大勢います。

なのでどちらの働き方でも「本業にできるのか?生活できるのか?」という問いに対しては、YESになります。

しかし、それが誰もに当てはまるのかと聞かれると違うかもしれません。

その要因が「スキル」や「経験」ですね。

未経験からいきなり本業にするのは難しい

まずWebライターの仕事が未経験の状態で、いきなり今から「本業Webライターとしてやっていきます」とチャレンジし始めるのは、難しいとしか言えません。

どんな仕事でも同じですが、実績を作り、クライアントから信頼され、自分なりの立ち位置を確立させていく必要があります。もし勢いで独立しても、すぐに生活が成り立たなくなるかもしれません。

例えば下記の記事なども参考に、「そもそもWebライターとして稼いでいくには?」という部分を学んでいってください。

経験してから独立して本業にする人は多い

ある程度のライター経験がある方は、その後独立してWebライターとして生活している人が大勢います。

例えば、まずは副業としてWebライターの仕事を始めるケースが一般的です。

副業のWebライターとして、ある程度満足いく収入を得られるようになって「あとは稼働時間さえ増やせば収入を伸ばせる」という状態に持っていき、そこから会社員をやめてライターを本業にするような流れですね。

これは現実的であり、また高望みさえしなければ、多くの人が目指せる働き方です。

つまり経験さえ積めば、Webライターを本業にして生活していくのは不可能ではありません。

Webライターを本業にして、生活を成り立たせる条件

実際にWebライターを本業として成り立たせるには、人それぞれ条件が異なります。

根本的な話をすると「生活コスト<本業収入+副業収入」の状態であれば、生活が成り立ちますよね。

例えば田舎に引っ越して家賃などの固定費を下げれば、多少収入が下がったとしても生活が成り立つ可能性が高くなります。またWebライターを本業にしながら、例えば週に3日ほどアルバイトをしたって良いのです。

なので「Webライター」という仕事だけを見て考えるのではなく、自分の生活スタイルありきで考えると良いでしょう。

その上で「じゃあWebライターでいくら稼げば良いのか」と計算して、必要な金額を稼げるWebライターを目指してステップアップしていきましょう。

Webライターを本業にした場合の収入例

Webライターの収入は、結局のところ「執筆時間×執筆スピード×単価」になります。

本業として働くなら、仮に「月に150時間」稼働するとして、1時間で1,000文字書けて1文字1円なら「150時間×1,000文字×1円=月収100,000円」です。

ちなみにここでいう「執筆スピード」にはリサーチ時間やその他の工程も含みますから、案件によっても大きく変わってきます。

あくまで目安だということは断りを入れつつ、いくつかの収入例をご紹介します。

月に250時間稼働して、物量で勝負する場合

初心者の場合など、とにかく物量で勝負しようということで、例えば「月に250時間」稼働することを考えてみます。

仮に1時間で800文字かけて1文字1円なら「250時間×800文字×1円=月収200,000円」になりますね。

初心者ライターでも、とにかく時間をかけて物量をこなすことに注力すれば、20万円程度の収入にはなりそうです。

このペースを続けるのは難しいと思いますので、上手くステップアップしていく必要はあります。とはいえ生活コストを抑えれば、本業として生活は成り立ちそうですね。

専門性を武器に、文字単価2円の案件を受ける場合

例えば何かの資格を持っているなど「専門ライター」として安定した受注ができる環境の場合。

例えば月に160時間稼働して、1時間で1,000文字、1文字2円だとすると「160時間×1,000文字×2円=320,000円」です。

もちろん「仕事があるかどうか」「営業が得意かどうか」など、環境や別の能力も大切です。あくまで計算上ではありますが、ライター業だけで安定して月収32万円を受け取れるなら、十分に本業として成り立ちますね。

量産×大量発注の案件を受注していく場合

あるいは「量産記事」など、物量をこなせるタイプの案件を大量に受注していくことも考えられます。

例えば1時間に2,000文字をこなせる仕事で、月に200時間、1文字0.8円で受けると「200時間×2,000文字×0.8円=320,000円」になります。

上手く量産案件に出会えて、かつ安定して受注できればの話ではありますが、スピード重視で納品していければこんな収入になります。

このように、自分に合った働き方ができる案件を上手く受注していければ、Webライターは十分に本業として成り立ちます。

まとめ

Webライターは、基本的には本業として成り立つ仕事です。

しかしそれには「生活コスト」と「実績や経験」が大いに関係してきますから、目安がどうというよりも「自分にとって必要なだけ稼げるWebライターを目指す」といった意識が大切ですね。

自分が毎月、毎年の生活にいくら必要なのか。それに対してWebライターの仕事でどのくらい稼ぎたいのか。他の副業収入はあるのか。

生活全体を総合的に考えて、本業Webライターを目指していって下さいね。

文亭では「文章をもっと楽しもう」をコンセプトに、LINEで不定期に文章に関するウンチクニュースレターをお送りしております。

Webサイトで解説しているような記事テーマよりも、ちょっとゆるめな内容でお届けしておりますので、ぜひLINE公式アカウントへのご登録もお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

目次
閉じる