SEOライティングとは?初心者向けに基礎から書き方を解説!

今回は「SEOライティング」について、初心者向けに解説します。

SEOライティングはとても奥が深いテクニックです。いきなりマスターするのは難しいかもしれませんが、まずは基礎を理解できるよう、要点をわかりやすくまとめました。

まずは当記事を参考に、SEOライティングを練習してみてください。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

SEOライティングとは

SEOライティングとは、Googleなど各種検索エンジンの検索結果において、上位表示を目指す記法です。

特定の検索キーワードで自分たちのWebページを上位表示させられると、そのキーワードで検索するほど具体的な悩みを持つ方をサイトへ呼び込めます。

つまりキーワードさえうまく選べば、成約に近い見込み顧客だけを狙って集客できるわけです。さらには検索結果に上位表示していること自体が、顧客に対する信頼性にもなり得ます。

広告を出稿するよりもスポットのコストも抑えられますから、ビジネスの拡大や集客において大変注目されているライティング手法です。

検索エンジンにも人にも分かりやすい文章を書くのが大切

原則として、各種検索エンジンは、検索した人にとって有益な検索結果を表示しようとします。

つまりSEOライティングでは「検索する人にとってわかりやすい文章」「検索エンジンにとってわかりやすい文章」を両立させながら書く必要があることを覚えておきましょう。

エッセイや雑記、日記、小説などとはまた違った、少々テクニカルな書き方が要求される手法がSEOライティングなのです。

SEOライティング初心者が最初に覚えたい3つのポイント

SEOライティングを身につけていくうえで、原則として覚えておきたい知識をまとめました。

1. 検索キーワードを意識する

SEOライティングにおいては「キーワード」がとても大切です。

原則として1つのページに1つのキーワードを設定して、そのキーワードで検索されたときに上位表示を目指す記事を書くことになります。(このとき設定するキーワードを「対策キーワード」と呼びます)

とあるキーワードで検索上位表示を目指すのがSEOライティングの目的ですから、まずは「キーワード」を意識することを忘れないようにしましょう。

2. 記事の構成を意識する

SEOライティングでは、キーワードの次に「記事の構成」も大切です。

ページの内容を正しく検索エンジンに伝えるため、わかりやすく理解しやすい順番で解説する必要があります。それが結果的に、読者にとってもわかりやすい記事を書くことにつながります。

見出しを適切に整理して、わかりやすい構成の記事を書けるよう意識しましょう。

3. 記事の信頼性を意識する

SEOライティングでは、記事の信頼性も大切です。

検索エンジンからも読者からも信頼されるには、例えば「専門的な知識」「独自の見解」「根拠になるデータ」などを取り入れながら書く必要があります。

多くの情報があるWebの世界で、信頼されるよう工夫して記事を書くのも、SEOライティングの一環と言えます。

SEOライティングの具体的な書き方

SEOライティングの具体的な書き方について解説します。

細かいことを言いはじめればキリがありませんから、原則としておさえておくべき事柄をまとめました。

タイトルに対策キーワードを含めて書く

まずは記事のタイトルに、対策キーワードを含めましょう。

「この記事には、このキーワードに関連する情報が書かれている」と、検索エンジンや読者に伝えるのが目的です。とくにこだわりがなければ、できるだけタイトルの頭の方に対策キーワードをいれて、正しい文法になるようタイトルを考えてみてください。

Googleの検索結果では、最大でも32文字程度しかタイトル文が表示されません。スマホから見ると18文字程度しか表示されないこともありますから、読者に記事内容を伝えるには、できるだけタイトルの先頭でキーワードを示しておく必要があります。

冒頭文(リード文)で記事の概要を示す

記事冒頭に、その記事の概要を解説する「リード文」を書きましょう。タイトルとリード文を読むだけで、求めている記事内容なのか判断できる状態にしておくのが目的です。

読者の行動としては「検索する→検索結果でタイトルを見て記事へやってくる→リード文を読む」という順番になります。

読者から「ちょうどそれが知りたかった」と思ってもらえて、本文を読み進めてもらえるリード文を書くことが大切です。

見出しを入れ子構造にして整理する

SEOライティングにおいては「見出し」をきれいに整理しておくことも大切です。また少しテクニカルな話をすると、見出しであることを示すhtmlタグでマークアップする必要もあります。

主に使われるのは、下記3種類の見出しタグです。

  • 大見出し(<h2>タグ)
  • 中見出し(<h3>タグ)
  • 小見出し(<h4>タグ)

(ちなみに<h1>タグは、タイトルを示すタグとして使われます)

大見出しの中に、より詳しく整理するために中見出しが入り、その中でも整理する必要があれば小見出しも使います。

見出しごとに関連性のあるトピックスでまとめて整理することで、検索エンジンにも読者にもわかりやすい記事になります。

記事本文も対策キーワードを意識して書く

タイトル以外に、本文でも対策キーワードを意識して書きましょう。もちろん無理にキーワードを頻出させるのはナンセンスですから、あくまで必要のあるタイミングで、必要なだけキーワードを組み込んでいくことが大切です。

なお対策するキーワードと関連する言葉を「共起語」と呼び、必要な共起語が適切に使われているのもSEOライティングにおいて重要だと言われています。

(無理に共起語を入れこむというよりも、そのキーワードについて過不足なく解説すれば、自然と必要な共起語が使われるようなイメージです。)

その記事がそのキーワードについて解説する記事だと伝わるよう、対策するキーワードと関連しているキーワードなども含めながら、わかりやすい記事を書くことが大切です。

まとめ

SEOライティングは100%の正解がなく、時期によっても有効な施策が変わる記法です。

よって基礎を意識しながらも、とにかく試行錯誤しながら自分なりのコツを掴んでいくことが大切。テキストで学習するだけでなく、実際に記事を書いて検索順位を追っていくのが、一番の勉強になります。

基礎的な部分は守りながら、ぜひより良いコンテンツを作っていってください。

2ヶ月無料でオーディオブックが聴き放題。

リズムや語感の良い文章に触れることは、読みやすい文章を書くトレーニングに繋がります。

文章のリズム感を鍛えるために、耳で読書をしてみてはいかがでしょうか。

手や目が空いていないときでも、書籍の朗読音声を聞けるサービスが、Amazonの「Audible(オーディブル)」。

月額会員になれば、12万冊以上のオーディオブックが聴き放題になります。

12/26までに始めると「2ヶ月間無料」になるキャンペーン中ですので、この機会にぜひお試しください。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。もちろん無料です。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割