「精算」と「清算」の違いとは?意味や用法、使い分け方

今回は「精算」と「清算」の言葉の違いについて解説します。

基本的に「精算」は細かい金銭的な差引計算を。「清算」は問題や関係性を綺麗さっぱり解消するような意味で使います。適した用途で使えるようにしておきましょう。

なお、こういった言葉を「同音異義語」と言います。間違いやすい同音異義語は下記の記事にまとめてありますから、併せて参考にしてみて下さい。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

「精算」と「清算」の違いと使い分け方

「精算」と「清算」には、下記の違いがあります。

  • 精算:金額などを細かに計算して結果を出すこと
  • 清算:貸し借りを整理して、あと始末をつけること

どちらも「お金」にまつわる話題で使われやすい言葉ですが、具体的な金額の話であれば「精算」を。関係性の話であれば「清算」を使うことになります。

よって経費を「せいさん」するときは、細かく金額を計算してやり取りをするので「精算」を。借金を「せいさん」する場合は、貸し借りの関係性の始末をつける意味になるので「清算」を使います。

なお借金と似た概念ではありますが、立て替えていたお金を「せいさん」するときは、あくまでお金の計算の話になるので「精算」を使います。

また「清算」は、男女のこじれた関係性や、恨み恨まれの関係性など、あまりお金に関係のないシチュエーションでも使われます。

それが「お金の計算の話」なのか「関係性の話」なのかによって使い分けていきましょう。

「精算」の意味と用法

「精算」は、下記の意味と用法を持ちます。

  • 金額を細かく計算すること
  • 料金の過不足を計算し直すこと

立て替えていた経費の払い戻し計算や、電車の乗り越し運賃の再計算などのシチュエーションで「精算」を使います。

「清算」の意味と用法

「清算」は、下記の意味と用法を持ちます。

  • お互いの貸し借りを整理して、後始末をすること
  • 会社や団体などが解散するときに、後始末のために財産を整理すること
  • これまでの関係や事柄に結末をつけること

「清算」は細かな金額がどうという話ではなく、その関係性や出来事自体に後始末をつける意味合いで使われます。

まとめ

「精算」と「清算」は、いわばミクロとマクロの関係性になっていると捉えても良いかもしれません。

  • 精算:金額などを細かに計算して結果を出すこと
  • 清算:貸し借りを整理して、あと始末をつけること

細かな金額の差引計算(ミクロな部分)では清算を。関係性や出来事の整理(マクロな部分)では清算を使っていきましょう。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

 

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。LINE公式アカウントへのご登録も、ぜひぜひお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割