「観賞」と「鑑賞」の違いとは?意味や用法、使い分け方を解説

この記事では「観賞」と「鑑賞」の違いについて解説します。

簡単な使い分け方として、気楽に見て楽しむシーンでは「観賞」を。五感全体を使って作品を味わいながら楽しむシーンでは「鑑賞」を使うと、適した用法になります。

なお、こういった言葉を「同音異義語」と言います。間違いやすい同音異義語は下記の記事にまとめてありますから、併せて参考にしてみて下さい。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

「観賞」と「鑑賞」の違いと使い分け方

「観賞」と「鑑賞」には、下記の違いがあります。

  • 観賞:作品を娯楽目的で楽しむ。主に目で見て楽しむ時に使う
  • 鑑賞:作品を味わい、理解する。目だけでなく五感全体で感じる時に使う

例えば映画を見るシーンを例に挙げると、単純に見て楽しむ場合には「映画観賞」になります。劇中で使われている音楽を味わい、作品の深い意図なども考察しながら、五感全体を使って楽しむ場合には「映画鑑賞」の方が適切といえるでしょう。

あとは作品によって、例えば子供向けの気楽な映画なら「観賞」になるでしょうし、黒澤明監督の重厚な作品なら「鑑賞」になることが多いかもしれません。

また芸術に上下をつけるのはナンセンスではありますが、一般的に「観賞」は気楽なイメージの芸術作品やエンタメに。「鑑賞」は少々お高く、マナーが必要になるような芸術作品や場に対して使う傾向があります。

「観賞」と「鑑賞」は、当人の感じ方によって使い分け方が変わる可能性のある言葉とも言えます。

「観賞」の意味と用法

「観賞」の意味は、下記の通りです。

  • 物を見て、その美しさや趣などを味わい楽しむこと

(出典・参考:デジタル大辞泉)

例えば、下記のような作品やシーンに使うことが多い言葉です。

用例
  • 植物園の観賞
  • 動物園の観賞
  • 水族館の観賞
  • コメディ映画の観賞
  • 時代劇の観賞
  • ライブの観賞
  • フェスの観賞

見て楽しむ、癒されるといった、気楽なニュアンスのシーンで使うと良いでしょう。

「鑑賞」の意味と用法

「鑑賞」の意味は、下記の通りです。

  • 芸術作品などを見たり聞いたり読んだりして、それが表現しようとするところをつかみとり、そのよさを味わうこと

(出典・参考:デジタル大辞泉)

例えば、下記のような作品やシーンに使うことが多い言葉です。

用例
  • 美術館の鑑賞
  • 舞台の鑑賞
  • 古代遺跡の鑑賞
  • オーケストラの鑑賞
  • ミュージカルの鑑賞

作品をじっくりと、深く味わうような楽しみ方をするシーンで使うと良いでしょう。

まとめ

「観賞」と「鑑賞」は、まず「その人の姿勢や気持ち」によって使い分けをする言葉です。

同じ映画でも、人によっては「観賞」になるでしょうし、また別の人によっては「鑑賞」になるかもしれません。

気持ちをあらわせる良い言葉ですから、シーンごとに、より適した表現を使っていって下さい。

「編集者に好かれるライターを目指す」

そんなコンセプトの書籍を出版しました。

初心者ライターによくある「編集コストが高い文章」を、編集者目線で28例まとめています。

Webならではの執筆ルールや、執筆界隈の慣習ルールなど、ライターが知っておきたい基礎知識を詰め込みました。

気軽に手にとっていただき、評価やレビューをいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象です。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

 

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。LINE公式アカウントへのご登録も、ぜひぜひお待ちしております。

\もちろん無料/
友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。

時間割
閉じる