「改定」と「改訂」の違いとは?意味や用法、使い分け方

この記事では「改定」と「改訂」の違いについて解説します。

簡単に言えば「改定」ルールや規定を変更する場面で、「改訂」はルールや規定、文章を修正・アップデートする場面で検討すると良いでしょう。

「改定」には誤りを正す意味はなく、純粋な「変更」を示します。改訂には誤りを正したり、より良くするニュアンスがあります。

なお、こういった言葉を「同音異義語」と言います。間違いやすい同音異義語は下記の記事にまとめてありますから、併せて参考にしてみて下さい。

PR

駆け出しWebライター向けの書籍を出版しました。

『Webライターが書いてはいけない文章28選』

編集コストの低い(=担当編集から好かれる)文章の書き方を、パラパラっと読んでいただけるようわかりやすくまとめています。

気軽にお読みいただき、レビューや評価をいただけると嬉しいです。

Kindle Unlimited読み放題対象

時間割

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

「改訂」と「改定」の違いと使い分け方

「改定」と「改訂」には、下記の違いがあります。

  • 改定:公式に定めた規則や法律を変更する時に使う
  • 改訂:間違いを正したり、より良くしたりするために、本などの内容をなおす時に使う

誤っていた内容を正す場合や、内容をより良くする修正する場合は「改訂」を。事情や都合がかわってルールに変更があった場合は「改定」を使いましょう。

例えばバスや公共交通機関の乗車料金が変更になる場合などは、誤っていたわけではないため「改定」を使い、「運賃改定」「価格改定」などと表記します。

一方で、一度発表された書物の内容などを「誤っていた」「もっと良くできる」という意味合いで変更する場合は「改訂」が適していると言えます。

さらに細かく見ていくと、法律などをより良いと思うものに変える時に使われる「改正」や、小説や原稿の内容を変える時に使われる「改稿」など、改める対象が何なのかによって、この「改」の後につく字が変わると言えそうです。

「改定」の意味と用法

「改定」の意味は、辞書では下記の通り定義されています。

  • 法律・制度など以前のものを改めて新しく定めること。

(出典・参考:デジタル大辞泉)

具体的な用法は下記の通り。

用例
  • バスの運賃を改定する
  • 消費税増税に伴う価格改定のお知らせ
  • 時代にそぐわない古いルールは改定が必要だ。

基本的には、変更するものが公式な決まり事やルールの場合に検討すると良いでしょう。

「改訂」の意味と用法

「改訂」の意味は、下記の通りです。

  • 著作の記述に変更を加えること。通常は、内容を訂正・変更したり、最近の記述を追加したり、説明の補足をするために行われる。著者や編者が変更されることもある。

(出典・参考:図書館情報学用語辞典 第4版、図書館情報学用語辞典 第5版

具体的な用法は下記の通り。

用例
  • 教科書の改訂版を購入した
  • 文庫化にあたり、内容を一部改訂した

「改定」との大きな違いは、ルールや規則といった縛りはなく単に文章の内容を変更したい時に使うことが多いようです。

まとめ

「改定」と「改訂」は、変更したい対象が何であるかを考えていくと使い分けのしやすい言葉です。

規則やルールを変更する場合は「改定」を。単に文章を修正したい場合は「改訂」を使うと良いでしょう。

シーンごとに、より適した表現を使っていって下さい。

2ヶ月無料でオーディオブックが聴き放題。

リズムや語感の良い文章に触れることは、読みやすい文章を書くトレーニングに繋がります。

文章のリズム感を鍛えるために、耳で読書をしてみてはいかがでしょうか。

手や目が空いていないときでも、書籍の朗読音声を聞けるサービスが、Amazonの「Audible(オーディブル)」。

月額会員になれば、12万冊以上のオーディオブックが聴き放題になります。

12/26までに始めると「2ヶ月間無料」になるキャンペーン中ですので、この機会にぜひお試しください。

文亭では、誰でも無料で参加できるオンライン文章教室を開講しています。お気軽にご参加ください。

文章教室の更新情報や、新サービスについては、公式LINEでもご案内しております。もちろん無料です。

友だち追加

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。
現在はIT企業でメディア運営責任者・編集者として働きながら、札幌でWebライティングの講師として活動。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、一人でひっそりと文亭を運営中。著書『Webライターが書いてはいけない文章28選』

時間割