明朝とゴシックの使い分けは?

明朝とゴシックは一般的に次のような印象があります。
選択した絵柄や演出したいイメージに合わせて選択してください。



明朝
文字の横線は細く,ハネやウロコ、はらいを適度に残しています。


可読性が高い読みやすいフォントで、やさしく、やわらかい印象になります。
横線が細いため画数の多い漢字を見やすく表現するのに適しています。
文字にメリハリがあるため文字数の多い文章に向いています。
文字数の少ない一言電報などには少し弱い感じになってしまいます。
穏やか、伝統的、保守的、芸術的、繊細、女性的



ゴシック
文字の太さは均等です。


視認性が高い目に付きやすいフォントで、しっかりした印象になります。
線の太さが均一なため画数の少ない文字をハッキリ表現するのに適しています。
文字数が少なくてもインパクトを出したい文章に向いています。
画数の多い文字で長文の場合、線の太さが均一なためやや読み疲れる印象になってしまいます。
新鮮、合理的、モダン、飾り気がない、インパクト、押出し感、機械的、男性的


【閉じる】


Copyright (C) 2003
祝電・結婚式電報 - お祝電報・結婚電報の「文亭:ふみてい」
All Rights Reserved.