花の祝電おすすめ8選。生花・加工花・造花のおすすめ電報を紹介

今回はおすすめの「花の祝電」をご紹介します。

花はギフトでも電報でも定番。とても送りやすい分、種類によって適したシーンというものがありますので、その基本だけ押さえて選ぶと良いでしょう。

当記事では花の祝電の種類を解説した上で、おすすめの「花の祝電」をご紹介していきます。

目次

\ この記事を書いた人 /

たくろー
Webライター、編集者
ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。個人ブログ「北海道ログ」で生活費を稼ぎながら、IT関連の事業会社にてWEBメディアの運営責任者として勤務。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、当サイト「文亭」を運営している。

花の祝電の種類とは?

花の祝電の種類は、大きく3種類に分かれます。

  • 生花の祝電(アレンジメントフラワー、スタンド花など)
  • 加工花の祝電(ポプリ、ブリザードフラワーなど)
  • 造花の祝電(アートフラワー、ソープフラワーなど)

上から順に日持ちしなくなりますが、これらは目的によって選びましょう。

例えば開店祝いなどでは、生花のスタンド花を送るのが一般的です。結婚式では「末長く」というメッセージを込めた加工花の「ブリザードフラワー」が人気ですし、母の日や誕生日にはアートフラワーのギフトもオシャレです。

ぜひシチュエーションにあった、素敵な花の祝電を送ってあげて下さい。

花の祝電おすすめ8選

それでは、花の祝電の中からおすすめの電報をご紹介していきます。
加工花、造花、生花と、順番にお伝えしていきますね。

ブリザードフラワーの電報|加工花

ブリザードフラワーは生花よりも長持ちしますので、長く飾ってもらえる良い祝電になります。

結婚式にはもちろん、母の日、誕生日などに送りやすいので、かなり人気の電報ですね。

迷ったらブリザードフラワーの祝電がおすすめです。

ハーバリウムの電報|加工花

ハーバリウムの電報も、ブリザードフラワーの電報と並んで人気の祝電の一つです。

お祝い事ならシーンを選ばず送りやすく、場所も取らずインテリアに馴染むので、喜んでもらいやすいギフトですね。

女性への祝電には、ぜひハーバリウムの電報を送ってあげて下さい。

ポプリの電報|加工花

香りの良いポプリの祝電は、母の日にぴったりなインテリアギフトです。

なかなか自分では買わないものの、もらったら嬉しい女性がほとんどのはず。

良い香りに包まれて過ごせますので、引っ越し祝いなどにも良いですね。

アートフラワーの電報|造花

アートフラワーは、誕生日や母の日のギフトにぴったりな電報です。

まるで本物の花のように見えるほど繊細にできた造花で、人気の高い素敵な贈り物ですね。

全くお手入れも入らず、素敵なインテリアになりますので、長く飾ってもらいたい方への祝電にぴったり。

大切な記念日の祝電に選びたい一品です。

ソープフラワーの電報|造花

母の日などの記念日にぴったりな「ソープフラワー」の電報をご紹介します。

こちらも造花なのですが、なんと全て石鹸でできており、とても良い香りの素敵な祝電になります。

花の祝電とは少し離れるかもしれませんが、少し変わったギフトを贈りたいときに、ぜひ選んでみて下さい。

アレンジメントフラワーの電報|生花

アレンジメントフラワーは開店祝いや誕生日、その他ビジネスシーン(昇進・受賞)など、さまざまなシーンで選ばれる祝電です。

お花のアレンジもイメージを伝えれば仕上げてくれますので、あまり深く考えずにお願いできるのが特徴ですね。

特にビジネスシーンでは一般的な電報になりますので、基本のギフトとして押さえておいて下さい。

スタンド花の電報|生花

スタンド花は一般的に開店祝いに選ばれる祝電です。

店先に飾るのにちょうど良いサイズで仕上げられていることが多く、ビジネス関係者に送るにはぴったりですね。

特にこちらの商品だと設置現場に合わせて高さの調整もきくため、サッと注文して送りやすいおすすめのスタンド花電報です。

胡蝶蘭の電報|生花

ビジネスシーンでは胡蝶蘭の祝電も一般的です。

特に白色はお祝い・お悔やみ問わず利用できるスタンダードなもの。

赤やピンクの胡蝶蘭は華やかになり、どちらかといえば個人への贈り物として喜ばれるギフトになります。

TPOをわきまえた上質な祝電を送りたいときは、胡蝶蘭の電報がおすすめです。

まとめ

花の祝電は、定番のギフトの一つです。
お祝いのメッセージに乗せて、ぜひシチュエーションにそったお花を贈って差し上げて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ライティングから編集、校正、ディレクション、SEO対策、撮影、画像編集と、なんでもやってるwebライター兼編集者。個人ブログ「北海道ログ」で生活費を稼ぎながら、IT関連の事業会社にてWEBメディアの運営責任者として勤務。「良いWebライターが増えれば仕事が楽になるなぁ」と思いながら、当サイト「文亭」を運営している。

目次
閉じる